上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人嫌いになった自分。

世界観を広げよう。そんな事から

大学の時にスクーバダイビングをしてみることにしました。

参考までにどんな感じか読んでみてください。



ダイビングのツアーに参加すると全く知らない人と行動を共にします。

大抵、資格を目指し潜っていたので、潜るのも講習なども一緒。食事も一緒。

今思い出すとその時は、人は一癖も二癖もあるように思えてせっかくの善意を無駄にしたような事も

多々あったように思えます。


人の心を下手に予想して、悪いように解釈していたのかもしれません。



そう解釈してしまう程、それまでの人付き合いがスッキリするものではなかったのでしょう。

斎藤一人さんの本の愛読者でもある自分には、自分次第で相手はかわり、物の見方もかわる。

やはり自分の至らない感が強かったと思います。ちなみに、 初めて読んだひとりさん関連の本です。

斎藤一人成功する人くさる人

新品価格
¥1,470から
(2011/5/11 00:56時点)




しかし、ダイビングは気持ちが良いんです。だから、一人でフィジーにも行き、潜ったりもしてきました。

ところが、この時だけは地獄に感じたんです。

その話はまた今度。ある意味、武勇伝でした。



                                   http://mcgo522.blog.fc2.com/


スポンサーサイト
ダイビングを始めた時は

とても機材にお金がかかりました。

そこの点は、どうしても仕方がないかもしれません。

自分専用の器具を買い、事故のないように。

これは、やはりあると思います。

人によっては、レンタルをする人も多いと思います。

海外で潜る際は、送料がかかってしまいます。

途中の紛失など心配です。

ダイビングは、とてもきれいな風景や心に残る体験ができますが、

費用や体力などが必要。

それは強く感じました。10キロの重りを腰に巻きボンベを背負うと

ふらつきます。

ここは、大変なところです。

浜辺からか、船からのダイブかでも変わるでしょうけど

私にはきついというのが本音です。

大変なところは多々あるのですが、

潜りたくなる。達成感を求めて。

そんな風に思うダイバーも多いのではないでしょうか。

まぁ、事故のない余暇は、一番大切なところですよね。

体力に自信がある、何かに打ち込みたい人には、

サイコーです。

資格目指してひた走ることもいいですよね。

皆さん、潜る時は、お気をつけて。

                                   http://mcgo522.blog.fc2.com/

保険の見直し「ファインドイット」
DMMポイントオークション

暑くなり、ダイビングに行きたくなる

季節です。

放射能は心配ですが、日本海側や

離れた地域では、今年も潜りたい

と思う人も多いと思います。


しかし、船からのダイブや連続した

スケジュールの密なダイブでは

どうしても酔ってしまうこともありますよね。

私は、特に酔いには悩まされています。


そんなときに、シーバンドを

試すのも良いよと聞いた事があります。





つぼを押して酔いを防ぐもので、

効き目があるかお値段も2000円ほどですしためすのも

いいのではないでしょうか。



少しでもより快適なダイビングができることを

願っています。
                                   http://mcgo522.blog.fc2.com/
ダイビングは


大学生の時に始めました。

何か若いうちにできることは

ないかと思いまして。



生きる上で自分の個性を

出す一つの方法だと思い

その経験が何らかの武器に

なるだろうと。


人とつながる時の武器です。


しかし、いざ経験として人に

話すとあまりピンとこない

というか

大した経験ではないように

思えてくるのです。

相手の反応がそうであるのかもしれませんが、

前向きな気分になれないように感じです。



よく、新潟の佐渡で潜っていましたが、

私は、船酔いがすごくて

もう大変でした。


ふと思いましたが、

生きることはそんなに明るいものでなく

考え方により

自分を作って良い部分をくみ取り

なるべくいいように

記憶していった方が

幸せなはず。

ダイビングもいい景色、風景、出会い

これは間違いなくあります。

船酔いや人間関係のすれ違い体力的な疲労

ということも強く感じます。


現実は考えようですよね、所詮は。


皆さんも生きる際は

いい記憶をたくさん作ってください。

そのためには考えてから行動する方が

賢いはずで、色々な本に書いてあることですよね。


いい人生を。
                                   http://mcgo522.blog.fc2.com/


2015.07.17 PADI 資格
ダイビングは一見

素晴らしく優雅で楽しいものに思います。

しかし、水中深く潜り空気のボンベに以上があれば

大変なことになります。

そうならないためにライセンスがあり

そのライセンスに沿って潜れるダイビングが決まっています。

1、オープン・ウォーター・ダイバー

2、アドベンチャー・ダイバー

3、アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

4、レスキュー・ダイバー

5、マスター・ダイバー

以降インストラクターへとつづきます。

オプション的な資格としてスペシャルコースがいくつもあります。

色々なルールの元で潜るので

慣れるまで楽しむよりこなすといった感じでした、自分は。

ある程度の体力も鍛えつつやらないと危険です。

しかし、やはり潜った時の快感と

潜った先々で書くログノートには

インストラクターや同ツアーに参加し

一緒に潜った仲間のサインと一言が残り

素晴らしい思い出になります。

体力がなければ危険です。

くれぐれも気をつけて潜ってください。
http://mcgo522.blog.fc2.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。